マンガ考察記

これまで当たり前のようにマンガを読んできたけど、それによってどんな効果、意義があったのか?そういった事を検証してみたり、おススメのマンガを紹介してみたりするブログです☆

【矢沢あい】の胸キュン名作少女マンガ【4選】

矢沢あいさんは有名な漫画家さんで、アニメ化、映画化もしているので知っている方も多いかと思います。
矢沢あい先生は恋愛少女漫画のカリスマのような存在で、
先生が書くオシャレで可愛い等身大のキャラクター達は本当に皆魅力的です。

他の少女マンガとはちょっと一線を画していると思うんですが、それは主人公達がそれぞれファッショナブルで
持ち物などにも自分らしさがあり、個性的でキャラがしっかりしつつ、心情や人間関係も不思議なリアルさがあるところがそうなのかなと。

とにかく、矢沢あいにしか描けない世界観がそこにあるんですよね。

矢沢あいの作品は少女マンガを読む方なら全作品読んでもらいたいところですが
ひとまずその中でも、これはというのを4つチョイスしました(^^)☆


天使なんかじゃない1~8巻

私が矢沢あいのマンガの中で一番大好きな作品です。

テーマとしてはよくある学園恋愛ものなのですが、
明るくてみんなの人気者で、学園の天使と唄われる翠ちゃんと、生徒会の仲間達が本当に素敵でキラキラしていて

一見怖そうな風貌でリーゼント頭の(時代を感じるけど晃のリーゼントは何故かとってもしっくりくる。)だけど本当はとっても優しい晃との恋愛も、胸がキュンキュンでした(^^)
当時読んでいたのは中学生頃だったのですが、こんな高校生活を送りたいって本気で憧れてたなぁ(^^;
あんな素敵な仲間達との青春なんて、本当に最高すぎる(><)

翠ちゃんの笑顔はこっちまでハッピーな気持ちにさせてくれます(^^)
いつまでたっても色褪せない永遠のバイブルですね。


ご近所物語1~7巻


天使なんかじゃない」の次の作品です。

主人公の実果子ちゃんがデザイナーの夢に向かってひたむきに突き進む姿は、多くの夢を持つ子達に勇気を与えたんじゃないかと思います。
(現在でも与え続けているのかも。)
恋愛あり、人間模様あり、そしてとってもオシャレな実果子は少女マンガの主人公とは思えない程コロコロ髪型を変えます(笑)
最初の頃は金髪ツインテールがトレードマークだったのですが、途中からもうあれこれ変わりまくって
変化にコッチが追いつけません(笑)
でも、オシャレに敏感な実果子が髪型を変えない方がむしろ不自然なので、そういうところも何かリアルなんですよね。

主人公なのにちょっと意地悪顔なのも、これまでの少女マンガの常識を打ち破っています(笑)

実果子が恋愛に夢に奔走する姿は、今読んでもきっと心を打たれるものがあると思います(^^)
とにかく登場人物たちの服装が皆オシャレなので、それを見てるだけでも楽しいですよ☆

天使なんかじゃない」の世界と繋がっているので、天使なんかじゃないの人物達がちょこちょこ出てくるのも見どころです。

パラダイス・キス1~5巻

ご近所物語」の次の作品です(^^)

天使なんかじゃない」→「ご近所物語」→「パラダイス・キス」と同じ世界での時間の流れなので、
パラダイス・キスにはご近所物語の主人公だった実果子の妹が登場します。
そういう遊び心があるのも読んでいて楽しいですよね☆

これまた登場人物たちがオシャレ・・・というか、ちょっと異世界並みにぶっ飛び始めます(汗)
まぁファッションの世界の人達のお話なので、そこにかけるポテンシャルが普通とは違うというところがありますし(^^)

皆抜群のスタイルでどんな派手な洋服も着こなしているので、マネするのはちょっと無理かもだけど(^^;
とにかく見ていてワクワクします!

恋愛も、高校生にしては何だかやたらマセた感じですが、
もう世界観がオシャレすぎの素敵すぎて、正直何でもアリ!(笑)

この主人公の紫ちゃんは、ご近所の実果子ちゃんと違ってオシャレには元々疎いタイプだったのですが
途中からどんどんあか抜けてスタイリッシュになっていくのも見どころです☆

ただ、ラストはちょっとビックリでしたね。
大人の終わり方だった・・・という印象です。


NANA1~21巻

ごく普通の女の子「奈々」と、バンドの女ボーカリストである「ナナ」
上京をきっかけに、二人の運命が交わりはじめ
二人の恋愛模様や、バンド仲間達との交流が描かれます。

奈々ちゃんはとっても可愛らしい女の子なんですが、
少女マンガの主人公にしては未だかつてない程、貞操観念が低く、フラフラしています(笑)

彼氏と別れてもすぐまた次の男が出来てラブラブする辺り、
ここでもまた、少女マンガの主人公=一人の男性に一途。という常識を打ち破り、よくいる今どきの女の子といった感じです。

ただ、奈々だけでなくNANAの方も、一途なように見えて実は他の男の人に甘えていたり
さらにはレイラというツワモノもいるので、基本的にこのマンガに出てくる人は一体誰の事が本当に好きなのか
身近にいる人とすぐイチャイチャし出すのでよく分かりません(笑)

でも、そういうところも何かリアル感あると思います。
実際、身近にいる人がいいんですよね。人って。

この作品はまだ完結していなく、本当に完結するかも分からないのでただひたすら待つのみなのですが・・・
いつまででも待っています(^^)


読んでいただきありがとうございます。
矢沢あい】の胸キュン名作マンガ【4選】でした(^^)/