マンガ考察記

これまで当たり前のようにマンガを読んできたけど、それによってどんな効果、意義があったのか?そういった事を検証してみたり、おススメのマンガを紹介してみたりするブログです☆

マンガを読む事によって頭が良くなる?!【脳科学的理由】

「マンガばっかり読んでいないで勉強しなさい!」
と怒られたり
(あ~またマンガばっかり読んじゃった・・・)と罪悪感を感じたりした事はありませんか?

何か、マンガ=ふざけてる
みたいな印象がありませんか?

「趣味はマンガを読む事です。」というと、ちゃらんぽらんみたいだけど
「趣味は小説を読む事です。」というと、何か頭良さそう、みたいな。

でも、よく考えてみたらマンガって、言ってみれば文字と絵の組み合わせですよね?
それに悪いも何もないと思いますし
非常に優れた読み物だと思うんですよね。

私は小説や映画、アニメを見る事も大好きですが
小説はその世界観に入り込むのに少し時間がかかるのと、読むのに時間がかかります。(←私は読むのが遅い(;´・ω・))

アニメや映画は、ある程度まとまった時間をとってゆっくり見たいなって思ってしまいます。

一番気軽に読めるのがマンガではないでしょうか。
(もしくは雑誌もそうですが、あれも「文字と写真・絵(イメージ)」という組み合わせですよね。)

脳科学の権威、茂木健一郎先生も、このような発言をしています。

今回のテーマは世界にほこり日本の文化、マンガ!
現在では、日本の出版物の3冊に1冊がマンガとなっています。
「マンガばかり読んでいるとバカになる!」ろいうイメージもありますが、実はこれは大きな間違い。
実はマンガを読んでいるときは、
まず右脳で絵を視覚として取り入れ、同時に左脳で吹き出しの文字を読み、
ストーリーを理解しています。
更にその情報を、右脳でイメージ化するという情報処理の仕方が行われていると考えられており、
マンガを読むことで脳が活性化され、働きがよくなっているのです。
更に、ある調査によると、
人間の脳が1分あたりに情報処理できる量は、
文字を「読む」ことが1000文字に対して、マンガ等、絵で「見る」ことでは、
2000文字相当の情報量を処理できるというデータも!!
そこで番組内でも実験を行った結果、
小説よりも漫画のほうが多くの知識を取り入れられるということが証明されました!

引用元:世界で一番受けたい授業


もちろん、何でもかんでもマンガを読めば頭が良くなるというわけではないでしょうが
例えばワインに興味があるならワインのマンガを読む等
勉強にマンガを取り入れることはかなり有効だと思いますし
むしろ勉強をしているという認識なく、楽しくマンガを読んでいるつもりがいつの間にか知識としても身についてしまっている
という所が
非常にマンガの素晴らしいところかと思います(^^)

ぜひぜひ生活に上手くマンガを取り入れて
楽しく知識の向上に活かして頂けたらと思います☆



↓↓おススメの電子書籍です(^^)チェックしてみてね♪↓↓