マンガ考察記

これまで当たり前のようにマンガを読んできたけど、それによってどんな効果、意義があったのか?そういった事を検証してみたり、おススメのマンガを紹介してみたりするブログです☆

マンガを読むにあたっての心構えと反省点。

ふと思ったんですが、マンガを完成させるのって、かなり手間暇のかかる作業ですよね。

 

テーマを決めて、話の構成を考えて、

キャラクターを考えて、コマの配置やセリフを考えて、

実際に一枚一枚絵を描いて、背景を描いてトーンを貼って

 

もちろんこれだけじゃなくて、取材をしたり、資料を集めたり、修正したり、描きながらも話の続きを考えたり・・・って、

さらに締め切りとか、人気が出なければ打ち切りの危機とか。

 

そんなにマンガ業界に詳しいわけではないですが

(今後調べていこうかな。)

ザっと思いつくだけでも、きっとこういった苦労はあると思うし

一見楽しそうで、マンガ家って憧れたりもするけど

実際かなり過酷でサバイバルな業種ですよね。

 

今までマンガって当たり前のように身近に

完成されて売ってたものだったから、あんまりちゃんと考えたことなかったけど

大変だよなぁ・・・。

 

もちろん、大変だけど好きっていう気持ちとか情熱とか

そういったもので乗り越えられる部分もあるかもしれないし、やりがいも大きいかもしれない。

 

大ヒット作を生み出せば、アニメ化されたり、グッズ販売したり

(それに伴ってめっちゃ儲かるかもしれないし・・(笑))

やっぱり夢がある職業だなとも思います☆

 

サラリーマン的な感じというよりかは

お笑い芸人とか、芸術家とか、スポーツ選手とか、料理人とか、美容師とか

そういった下積み生活は苦しいけど、好きで夢があるから続けられる世界

っていうイメージがあります。

 

しかし、私は今までそんな経緯を考えることもなく、

マンガは出来るだけ安く(または無料で)読む事ばかりを考えていたような気がします><

 

普通に定価で買うのは高いと思っていました。

 

もちろん、お財布事情等もどうしてもあるので

まだ読んでいなくて、その作品が好きかどうか分からない段階では

無料のお試しで読んだりとか、人から借りて読んだりとか、古本で安く買うとかでも全然アリだと思うんですが

「好きだな。読む価値があるな。」

って思ったり、その作品のファンになったら、

その作者を応援する意味や敬意を含めて

定価で買うっていうのも大事なんじゃないかって今は思うようになりました。

 

今まで高いと感じていたマンガの単行本一冊の値段(大体400~600円位かな。)も

先程の上記で挙げた労力を考えたら、本当に高いのかな・・?

むしろかなり良心的じゃない?いや、安い位なんじゃ(汗)と思ってきました。

 

それを少しでも安く、出来るだけ無料で・・・!とするのは

マンガ家さんに対して敬意がないように思います(´;ω;`)

 

読んで、これは自分的には今いちかな・・

と感じるマンガも正直あるので、そういった自分には合わないマンガを無理に定価で買う必要は全くないと思いますが

このマンガを読んで感銘を受けた、すご参考になった、心に残る作品となった

というようなマンガに関しては、安く買える手段があったとしても

リスペクトの意味も込めて定価で買うというのもいいんではないかと思います。

 

私もこれまで、マンガはレンタルや古本、もしくはアプリのポイントで無料で読むのが多かったのですが

そう思うようになってからは、コツコツとですが、お気に入りのマンガは定価で買って揃えるようにしています。

 

あんなに楽しませてもらったのだから、500円位全然出しますよ!という感じで(/・ω・)/

(それでも積り積もると結構な額になってしまうので、気をつけつつですがね(^^;)

 

マンガだけの事ではないんですが、「本当に良いと思うものにはきちんとお金を払っていく」という事を実行する事により、

良いものを作る人が幸せに作品を作り続けられる世の中になると良いなと思います(^^)

 

 

  ↓↓↓約50万冊の書籍と21万冊のマンガを揃えた電子書籍サービスです(^^)品揃えが圧倒的に良いので、好きなマンガもきっと見つかると思います♪↓↓↓