マンガ考察記

これまで当たり前のようにマンガを読んできたけど、それによってどんな効果、意義があったのか?そういった事を検証してみたり、おススメのマンガを紹介してみたりするブログです☆

「奴隷遊戯」無料で4巻まで読んでみた☆

現在期間限定(※注・12月16日までで終了)で1~4巻まで無料で読めるマンガ

「奴隷遊戯」をさっそく4巻まで読んでみました☆

 

こうやってたびたび期間限定で無料で読めたりするのも

電子書籍の良いところですね♪

無料で読める作品はいくつもあるので、自分が好きそうな作品が無料ってなってる時は、ラッキー!って感じです(^^)/

 

私もこの無料読みはありがたく使わせていただいています。

最初の数巻のみ無料で読めるというのが大体なのですが

「それって最初は無料で読めるけど、続きが気になったらそれはお金払わないと読めないんでしょ?」となるかもしれませんが

まぁそうですね(^^;

その通りです(笑)でも、

まぁ、面白かったら普通にお金払って続き読めばいいし、そこまでじゃなければ読まなければいいだけだし

私は最初の方が読めるだけでも全然ありがたいと思っています(^^)

大体こんな感じなんだってのが分かるだけでも

買うかどうかの貴重な判断材料になってます♪

 

今回読んだのは「奴隷遊戯」というマンガなんですが

タイトルから察するかもしれませんが

デスゲーム系のジャンルのマンガです(^^;

 

デスゲーム系のマンガというのはいわゆる、ごく普通の生活を送っていた主人公が、ひょんな事から妙な出来事に巻き込まれて、生と死をかけたゲームを行う事になる・・

というような話です。

 

こういう系のマンガはもちろんメッチャたくさんあるんですが

最初なんでこんな事になってしまったのか

全然意味が分からなかった所から、話が進むにつれて謎が解き明かされていく感じとか

ミステリーの要素とかもあったりして

私はデスゲーム系の話が結構好きだったりするんですよね(^^;

 

もちろん、ただ人がどんどん死んでいくだけで内容が「?」というようなのもあったりしますが

意外とストーリとしても面白い作品もたくさんあると思うんですよね☆

 

後、デスゲーム系だと、島とかに隔離されてそこから脱出をはかるといったもの(そしてその最中に謎の襲ってくる存在が現れ、どんどん仲間がデスされていく・・・元の生活を取り戻すべく悪戦苦闘しながらも謎が明らかになっていく)みたいなのを

最近無料のだったりでよく見る気がしますね。

 

ありがち!って思うかもしれませんが

きっと、描いてる作者の人も、こういったのがありがちな設定で似たような話はたくさんあるって重々分かっていると思うんですよね。

だから、おおまかな設定としてはありがちだけど、その中でやっぱりその作品らしい設定だとか、読者を惹きつける為のストーリーだとかをきちんと構想してる作品ってやっぱりちゃんと面白くて

こういう切り口があるのかー!と

新鮮な発見もあったりします☆

 

話がちょっとそれましたが

この「奴隷遊戯」も

ごくごく普通の平凡な高校生の主人公が、とあるゲームを何となくダウンロードした事から、現実の世界とゲームの世界がリンクしだし

謎の組織が行う生死をかけたゲームに挑むことになる。

というデスゲーム系の王道のストーリーなのですが

面白いです☆

この作品内で出てくる、組織というか、コミュニティというか、もう一つの世界が

思った以上に規模がでかくて、話が思った以上に広がっていっています。

 

生死をかけたデスゲームなので、エグイ描写もあるんですが

ストーリー的にはサクサク読める感じです。

 

主人公も正義感ある良いヤツっていう、典型的な主人公で

都合の良い展開もだいぶあり(笑)

話も今のところ割と都合良く進んでいき、そんな感じなので何ていうか

デスゲームなのに安心して気軽に読めます(笑)

 

ちょっとした軽めのジェットコースターのアトラクションに乗ってるような感じでしょうか。

気軽にスリルが味わえる感じです(^^;

 

同じ(?)デスゲームでも、「ひぐらしの鳴く頃に」とか「うみねこの鳴く頃に」とか

かなり大好きなんですが、あれは話が複雑すぎて、気軽に読める感じではないですね(^^;

 

時間がじっくりある時は「ひぐらし」「うみねこ

ちょっと手軽にスリルが欲しい時には「奴隷遊戯」はピッタリって感じですかね☆

 

今のところ主人公に悲壮感がないので、読んでてあんまり気持ちがどんよりしないです。

あ、でもそれなりにエグイシーンもあるにはあるので、苦手な人はお気を付けください(^^;

 

しかも、今回12月6日までの期間限定で4巻まで無料で読めるのが嬉しかったです(^^)

1~2巻まで無料っていうのが結構多いと思うので4巻までっていうのは結構太っ腹な気がします☆

4巻まで読めると、普通に満足感あります☆

今のところ9巻まで出てるみたいですね。

 

登場キャラクター達も、ギャグとまではいかないかもしれないけど

(でも結構ギリギリかも(笑))

あまりシリアス過ぎないというか、そんなにリアルな人物描写ではないので

良い意味でマンガマンガしてるというか。

だから変に感情移入し過ぎず読みやすいんですよね。

デスゲームで感情移入すると、本当に辛いんで・・・(涙)

かといてキャラクターに魅力がないわけでもなく、普通に愛着湧きます☆

そういったバランスがこの作品は自分的に良かったので、結構気に入り楽しく読ませていただきました(^^)

 

本格的な緻密なデスゲーム系マンガを求めてる人にはハマらないかもしれませんが

気軽に楽しくドキドキスリルを味わいたいって人にはおススメです♪

興味もったかたはぜひ読んでみて下さい♪